2014年8月16日

スカイツリーからも歩いて行ける熱々の湯『黄金湯』銭湯@錦糸町、押上

 銭湯 巡礼の旅、5軒目・・・墨田区は錦糸町の「黄金湯」です。錦糸町公園、オリナス付近の住宅街の中にある銭湯です。



 建物はコンクリート造で、シンプルです。
 湯につかった後から分かったのですが、銭湯の後ろに住宅棟がくっ付いていて、マンションと一体型の銭湯でした。
 想像ですが、もともと銭湯のあった土地を資産運用の一環で賃貸マンションと合わせた開発をした地権者だったのかも?などと、知らなくて良いことをいろいろと想像してしまいました(笑


 本題の風呂ですが、住宅と一体型のためか、これまで良くあった天井の高い銭湯ではなく、ややこじんまりした脱衣場と浴場となっています。
 こちらは、毎週、日曜は生レモンの湯ということで、計3つある風呂のそれぞれに生レモンが入っていました。
 離れて入浴していると分からないのですが、近くで水を入れながら入浴していた小坊主には生レモンの爽やかな香りが漂い、生レモン湯を満喫できました。

 訪問時間が、16時ごろと開店からすぐだったためか、元からなのか分からないのですが、お湯が熱いんです・・・単に小坊主が熱い湯が苦手なだけかもしれませんが、湯につかった足が赤く変色するような熱さは困るので、他に誰も湯に浸かっていない時は、水を入れてしまいます。

 今回の訪問時は、猛暑の中、汗だくで建築巡りなどした後だったので、銭湯の有難味をヒシヒシと感じましたね!
 湯上りのサッパリとした爽快感!は、最高です。
小坊主も立派なオヤヂ化が進行しているため、汗にも若かりし頃のようなさっぱり感がなく、粘着性が出てきてしまっております。
 銭湯はそんな汗を含め、いろんなモノを流し去ってくれるので、良いストレス発散になります。

 この黄金湯で印象に残ったのは脱衣場に棚が置かれていて、いくつも常連客の桶が入れてあったことですね。それこそ、何十個もの桶が並べられていて、そこそこな数の常連客がいることが分かりました。
 住宅街が近いせいか、フラッとやってくる常連客もいるかと思いますが、前回の「幸楽湯」と違って、賑わいの雰囲気があるだけでもこちらの気分も明るくなります。
 人の多すぎる銭湯はイヤですが、寂しい銭湯というもの悲しくなってしまうので、小坊主が楽しめる範囲ではやっているのが望ましい(笑

 そんな勝手な感想は置いておいて、次なる巡礼の地へ赴きたいと思います。
 巡礼地100軒を完走できるのは、何時になることか・・・巡礼の旅路は長くなりそうです。





NHK美の壺 「銭湯」

 こちらに載っているような銭湯はなかなか無いですが、読んでから銭湯を訪問すると、また違った見方と味わい方ができるのでお勧めです。

=================
黄金湯
東京都墨田区太平4丁目14−6 金澤マンション 1F
営業時間/15:30~24:00
定休日/不定休

0 件のコメント:

コメントを投稿