2015年5月23日

錦鯉のタイル絵が目を引く『金春湯』銭湯@新橋・銀座とカウンターの酒場『酒蔵かっぱ』@新橋

 銀座は、金春通りにある銭湯『金春湯』を訪問してみました。



 外観は、ビル型の銭湯ですね。
 さすがに銀座界隈で、木造の建物はなかなか残ってないのでしょう。
 サイトによると、1863年の開業で木造建築だったものを昭和32年に現在の形になったようです。


 入口は思ったより狭い造りで、ちょっとためらいました。
 下足箱はよくある木札のあるもので、どこも同じだ!とちょっと安心w
 下町の銭湯にある待合のような休憩スペースはなく、通路から入るとすぐ脱衣所になります。
 脱衣所の造りは、他の銭湯と同じ板張りでロッカーも似たようなものですが、整理されていて清潔感があります。
 脱衣所内に番台があるのですが、番台のオネイサンが若めだったのが少し恥ずかしい。
 もうオッサンな小坊主ですが、それでも若いオネイサンに見られるのは恥ずかしいw

 浴場の風呂は、2つで敷地面積の関係もあるかと思いますが、広さはさほどありません。
 こちらも清掃を頑張っている雰囲気があり、安心できます。
 床も壁も白いタイルで統一されているので、よけいに明るく感じるのかもしれません。
 風呂の背景は、赤富士で珍しいなと思いましたが、さらに錦鯉のタイル絵が描かれているのは、初めて見たこともありインパクトありました。
 色の鮮やかさがハッキリとしていて、とても良かったです。
 カランの上にも絵が描かれていて、下町の銭湯とは一味違う!と感動しましたw

 客層は若い親子連れから、年配者、サボリーマンな方々もいて様々です。
 場所柄、いろんな職種の人も来られるようで、どういう系統の人か?考えながら、湯に浸かるのも楽しいものです。
 銀座界隈では、この「金春湯」と「銀座湯」の2軒しか銭湯は残っていないそうで、できるだけ長く営業してもらいたいものです。



 さて、今回は「昼のセント酒」シリーズということで、昼から銭湯にいったあと飲みに行くというパターンでございます。
 当初は、「金春湯」近くにあるという蕎麦屋を目指していたのですが、建物の建て替え工事に入ってしまったようで営業停止中となっていました。
 ここからなら、新橋も近い!ということで、結局、新橋へ行くこととしたのですが、今回、訪問したのはこちらの「酒蔵 かっぱ」です。
 こちらは、看板にもあるように吉田類先生が訪問されたというお店。
 とりあえず、聖地巡礼せねばなるまいということで、入店!
 店内はカウンター周りに机席が3つ程度と狭いです。
 新橋らしいと思いつつ、軽く一杯・・・
 味はどれもそれなりに、美味しかったです。
 美味いツマミ!というよりも、酒と雰囲気を堪能する店かと思います。

=================
銭湯『金春湯』
中央区銀座8-7-5
03-3571-5469
営業時間/14~22時
休み/日曜、祝日

「酒蔵 かっぱ」
港区新橋4-19-1
03-3431-7928
営業時間/17:30~22時
休み/日曜、祝日




参考図書


0 件のコメント:

コメントを投稿