2012年3月21日

Geocaching 1

最近、朝のNHKをみてGeocachingなるものがあるのを知りました。
Geocaching公式HP
日本語の解説は、こちら。
Geocachingの楽しみ方



Geocachingは、GPSを使った宝探しです。
オーナーが宝物(訪問記録用のメモ帳や玩具等)を隠して、その座標(緯度経度)を公式HPへUPします。
それをGPS関連のアプリ等で取り込むと、地図上でポイントを確認することが出来ます。
そのポイントへ行って、隠された宝物を探すのです。

携帯のGPSも使えるということで、androidでアプリを探すと無料でなかなか良さそうなアプリがありました。
自分が使っているのは、C:geoです。
他にもGeobeagleとかあるんですが、公式HPから座標をDLして更にアプリで読み込んだりしないと使えないようなので、少し面倒です。
C:geoの場合は、公式HPから座標を自動で取り込んで、地図表示やコンパスが使えるし、日本語にも対応していて便利なので、使ってます。
アメリカが発祥の地なので、公式HP自体が英語なのでなかなか大変。
その点、感覚的に操作しやすいC:geoはポイント高いと思います。

早速、自宅近所や移動先の駅でキャッシュ(宝物のことをキャッシュといいます)を検索すると、結構、各所に隠されてますね~。
日本中でキャッシュの総数が、約1万あります。
東京には、約1500ですね。各都道府県から、海外にもキャッシュがあるので、旅行の時にも楽しめそうです。
今は空港でモバイルwifiをレンタルできるし、通信料を気にせずやれる環境はあるんじゃないでしょうかね。
TravelBugというものもあり、世界中を回ってるキャッシュもあります。
この間、見つけたキャッシュの中に、こんな物が入っててなんじゃろな?と見たところ、いきなりTravelBugを引いてしまった・・・

写真の右にタグがついてるんですが、こいつに識別コードがついてます。
文字が書いてあるんで、何かなと見てたらTravelBug~キャッシュからキャッシュへ運んでくれ!と書いてあるじゃないですか・・・
もらって良い玩具かなと思ったのが、これはまさか!と青くなりました(笑
公式HPで識別コードを入れると、やはりGoalが「Travel around the world」となってるもので、やり方がまだ分かってないのに、やばいものを引いてしまった!
過去の履歴を見てみると、デンマークからフランスあたりをウロウロしていたもののようで、それが何故かフランスから東京の亀戸に運ばれたようです。
何でフランスから、あんなところに持ち込むんだ!と逆ギレ(笑しつつ、やり方をもう一度勉強することにして、元の場所に戻しておきました。

今のところ、自分が回ったのは5箇所でキャッシュを発見したのは2箇所・・・なかなかムズイ!
まずは近所のPark Series #4から、行きまして。

過去ログを見ると、去年の12月1日に見つけてる人がいるので、多分、今もあるはずなんだけど・・・
全く分からんかったです。座標のポイントに行っても、それらしきものがない。
座標ぴったりのところにあるわけじゃなさそうなんだけど・・・雨のなか探したのもあって寒いし初の宝探しは、苦い挫折の味がしました(笑

2 件のコメント:

  1. ひひひ。
    Geocachingしてんねや。散歩がてらに出来そうやから登録だけはしてあるけど、GPSの機械を持っていないのでボツ(笑)

    その代わり、Letterboxingって知ってる?
    これも宝探しの1つなんやけど、オリエンテーリングとか謎解きをしながら宝箱を探すアウトドアゲームで、日本でも賞金・賞品を実際に貰えるものもあるらしいよ。Geocachingと比べると、数が少ないのが難点かな。

    返信削除
    返信
    1. スマホにしてアプリ入れたらええやん。
      どうせフラフラあちこちさ迷うんだから、やったらええやん。

      Letterboxingは知らないなぁ
      google先生に聞いてみたけど、あまり解説もないし確かに宝は少なそうですな。
      今のところ、ジオキャッシュで一杯なのでしばらくはジオキャッシュでがんばります。だいたい、意外と宝は見つからんのだよ!難しくて

      削除