2011年12月26日

7.3fx バーエンドバー取付手術

前から試してみたかったバーエンドバーを思い切って、取付実験をしてみました。




これがハンドルの端っこについて、縦向きにハンドルを握れるようになるのです。
普通はこれを着けるのに悩んだりする必要ないのですが。
trek7.3fxは下の写真のように、ハンドルの端の上半分がゴムで覆われてるんですよ。
そのため固定に難があり、チャリ屋に聞いたらハンドルを変えるしかありませんね!と断言されていたのです。

ハンドルを変えるって手もあるんですが、今のハンドルもなかなか握りやすく気に入ってるので、丸ごと変えるのはイヤだと妥協して、半ば諦めてました。
しかし、なかなか諦めきれないもので、何とか対応できないかといろいろ足掻いてしまうものですね・・・

最初に試してみたのが、こちら。
鉄パイプ!
何のためかというと、ゴムで固定できないからダメなのであって、固定できれば良いんだろ!と思い立ち・・・
ゴム部分の上から鉄パイプをはめ込み、その上からバーエンドバーを固定すれば良いんじゃないの?と思ったのです。
思いついたら、試してみなくては我慢できず・・・ホームセンターでパイプを買って、切断してもらいました。
結果はパイプの口径が合わず、失敗(笑
口径をバーキャップを参考に測ったのが間違いのもとで、25mmでは大きすぎた。
でも、ホームセンターには19mmの次は25mmしかなかったのです。
ハンドルの口径は約22mm・・・ちょっと大きい!
最悪、ハンドルとパイプの間に滑り止めのゴムを噛ませば、隙間は埋められると思ったので何とかなりそうだったのですが。
バーエンドバーの口径とパイプの口径が合わない!という結果が判明し、ショック!!
やはり19mmにすべきだったか?・・・やはり今のままではバーエンドバーは、夢のままか?と絶望に陥りそうになった小坊主ですが

ふと、バーエンドバーを見ると、黒い棒が刺さっている・・・
ん?この棒は中が空洞になっている・・・バーエンドバーには、口径が合っている。
後は、ハンドルに通せればいけるか?・・・閃きがキター!!
というわけで、実験してみたら・・・・ハンドルに嵌らない
再び絶望に陥る小坊主
が、バーエンドバーをはめる準備をしていたハンドルを見ていてもう一度、閃きが!

グリップをずらして、ゴムの上に固定できる強度があれば良いと。
ハンドルの端から、ゴムまでの隙間はバーキャップが凸の形になってて上手い具合に埋まる。
ということは、ゴムの上半分が固定できればいいってことで、プラスチック棒を真ん中から切断してみました。

切断した部分をはめてみると・・・いけそうな感じです。
隙間はバーキャップで埋まるので、なかなかの抵抗を感じつつバーエンドバーを嵌め込みバーキャップを入れたところで、固定してみました。

結果がこちらで、手に多少の力を入れても、しっかりと固定された返しがあります。
試乗してみたところ、握ったまま段差を超えてもズレル気配はありません。
長距離や坂での耐久力は試してないので、少し不安があるけど、平坦な道を走る分には問題なさそうです。
これで我がtrekも角付きだ!と一人ほくそ笑んでます(笑
若干、腕の幅が広がりすぎか?とも感じますが、さすがにハンドルの切断までは思い切れません・・・
さて、他に良い改造方法をご存知であればアドバイスをお願いいたします!

0 件のコメント:

コメントを投稿