2009年8月1日

ブリヂストン美術館inミュージアムアクセスグループ

ブリヂストン美術館へ行ってきました。
http://www.bridgestone-museum.gr.jp/exhibit/index.php?id=76



が!絵はあまり見られませんでしたw
ミュージアムアクセスグループというのに参加して行ったのですね。
http://www2.gol.com/users/wonder/mar/martop.html
視聴覚障害のある人と一緒にペアやグループになって、絵を鑑賞するというものでかなーり昔に1回だけ参加したことがあります。
視聴覚障害の人もいろいろで、昔は見えていた人もいれば最初から見えなかった人もいるし、どの程度が見えているのか全く分からないので、なかなか難しいですね。
ついでに、絵の説明をするのが更に難しい・・・
アレですよ、自分の説明能力の乏しさを実感します。
分かってるようで分かってないのが、よく分かります。
だいたい、今回はアレですよ。
印象派がメインで、モネとかシスレーとかで抽象画も多いし・・・説明できるか!
まだまだ修行不足なんだと思います。
でも、先に書いたように絵はあまり見られなかったんですよ。
一緒に回っていた女性の方が貧血で倒れてしまいまして。
アレですね、人間ってああいう風に倒れるんですね!
初体験で驚きでした。
何か後ろに仰け反ってるなと思ったら、カクーンって落ちるように倒れるんでビビリました。
どうしよーってなったんですが、同じグループの方が経験あるようですぐイスに座らせて、落ち着きました。
人間、未経験のことがいきなり起こると全く反応できないもので、修行が足りません。
結局、絵は見ないで車椅子に乗ってもらって、下の喫茶で茶してました。
こういうと何ですが、目の見えない人と話すと面白いですね。
良い悪いは別にして、世界が違うんだなというのがよく分かります。
見える見えないを別にして、それぞれの人で世界が違うのは当たり前なんでしょうが、普段、あまり自覚してないですから、ちょっとだけ謙虚な気持ちになります。
明日には忘れてますがw
興味のある方、行ってみませんか?
意外と刺激になりますよ

0 件のコメント:

コメントを投稿