2017年5月3日

池にはコイが泳ぎ、風呂から金魚も鑑賞できる『三筋湯』銭湯@蔵前

銭湯:三筋湯
住所:台東区三筋2-13-2
最寄駅:都営浅草線 蔵前駅 徒歩10分ほど
営業時間/15:00~23:00
定休日:月曜


 ちょっと上野からの帰りに、蔵前駅の近く『三筋湯』へ行きました。
 あまり期待せず行ってみたのですが、いろいろとビックリ!した銭湯になりました。
 外観は、立派な宮造りで古風なスタイルがカッコいい。

 受付は、番台式で脱衣場と一緒です。
 脱衣場は、休憩スペースはほとんどありませんが、天井も高く余裕のある造りになっています。
 脱衣場から庭を見ることができますが、庭に池がありなかなか立派なコイが泳いでいます

 浴場は広さと高さはじゅぶんで開放感があり、床と壁も白いタイルで明るい雰囲気があります。
 この浴場でビックリ!したのは、窓のガラスが水槽がわりになって池を泳ぐ大量の金魚を見ながら、風呂にはいれることです。
 風呂へのお湯も、石のオブジェ?から滝のように流し込んでいて、コダワリを感じます。
 正直、かなりメタボな金魚が大量に泳いでいる姿は、涼やかさは感じませんが(笑

 風呂の湯温は41℃ほどで、ヌルメです。
 シャンプーは、備付のものがあります。
 壁絵は奥多摩を描いたもので、去年に新しく描かれたもののようで、平成28年4月4日の日付がありました。

 常連さんがけっこう付いているようで、顔見知りも多いらしく雑談や挨拶しながら、いろいろな人が入浴しています。
 なかには、客のいない寂しい銭湯もありますので、お客のついている銭湯があると、ホッとしてしまいます。

 駅から少し離れていて、分かりにくい場所にあると思いますが、ここ最近は蔵前も、『ダンデライオンチョコファクトリー』や行列のできている文具店『カキモリ』、コーヒー店や雑貨店などいろいろ増えています。
 散策がてら、銭湯でサッパリしてみても良いと思いますよ! 








0 件のコメント:

コメントを投稿