2017年4月29日

深く広く、いろいろ衝撃!『世界盆栽大会2017』へいってみた

気になっていた『第8回 世界盆栽大会2017inさいたま』へ行ってみました。


 世界盆栽大会は、1989年、第1回をさいたま市で始まり、4年ごとに世界各地で開催されてきたものです。
 日本での開催は、28年ぶりというロングイベントです。

 小坊主は、個人的に小品盆栽で始めた「モミジ」を大きく育てようとしているのですが、さすが世界大会で展示される盆栽は迫力があります。
 会場入口に展示されていた作品は、銘「飛龍」という樹齢がたぶん千年というものらしく、時間の感覚がよく分からなくなる立派なものでした。
 盆栽というと『松』というイメージがあって、確かに『松』の作品はたくさんありました。
 ただ、『松』だとだんだん飽きてきてしまうところもあり、小坊主は中型や小品盆栽に魅力を感じました。
 小品盆栽は、大きさで存在感を出せない分、『曲げ』や『色合い』、『容姿』で品とオーラを表現しなければならないので、いろいろと個性ある作品が多くあります。
 なかなか奥深い盆栽の世界、小坊主の興味がどこまで続くか分かりませんが、もう少し楽しんでみたいと思っています。

<盆栽の世界を垣間みてください>















0 件のコメント:

コメントを投稿