2017年3月4日

抹茶碗としては派手?かもしれないけど、色はまぁまぁ上手く発色した依頼品の抹茶碗@陶芸

知人からの依頼を受け、制作した抹茶碗が完成しました。
・抹茶碗
・赤津貫入土、透明釉、絵付
・手びねり
依頼主が明るめの作風が好きだということで、発色の良い色を選んで絵付。
黒の枠線をひく際に、結構、歪んでしまった。
抹茶碗としてのサイズは、ちょうど良い塩梅にできたと思う。
それぞれの色は明るめに発色したが、ダミ(塗りつぶし)の部分で筆の跡が残っている。
まだまだ、筆跡を残さないダミができていない。つい、筆で色を乗せていくという癖がある。
 
普段使いの抹茶碗ということなので、デザインに問題がなければ使ってもらえるだろうと思う。
気に入ってもらえたなら、なお良し







0 件のコメント:

コメントを投稿