2016年6月19日

2016.3月、読書録、 贋作者列伝

贋作者列伝 




 美術の世界と贋作の関わりは、切っても切れない腐れ縁!
 ということで、ルーブル美術館を始めとして世界の専門家たちをも欺いた?、もしくは、見破られた贋作者たちの記録です。
 意図的に贋作を作っている者、近世の職人が作ったモノが紀元前のモノと判定され、後に贋作と判定されたものと、いろいろなパターンがあります。
 多くのパターンで、専門家の発行する鑑定書や出所を追跡するトレーサビリティの機能で、真贋を見極めていきます。
 だいたいは、トレースする過程で記録が途切れて、『怪しい』という話になっていきます。
 贋作事件の時系列的な変化や贋作者、当時の社会的背景などが解説されていて、読みごたえあります。
 専門家の権威に挑戦する贋作者の話など、ありきたりですが、ちょっとしたミステリーが入っていて、読み物としても楽しめます。

確率的発想法~数学を日常にいかす~

え~、内容は覚えてません・・・
すみません




0 件のコメント:

コメントを投稿