2015年12月20日

魚用の青皿(瑠璃釉)とブラウン(透明釉・織部・黄瀬戸)の皿・・・少し失敗(笑@陶芸

 自宅で使う魚用の皿がないので作るよう妻様より指令があり、作陶しました。
 今回は、タタラで作った皿です。


〇青い皿
土/白土
技法/タタラ
釉薬/瑠璃

〇ブラウンの皿
土/白土
技法/タタラ
釉薬/透明、織部、黄瀬戸

 どちらの皿も、下地に削り込みを入れています。
 釉薬で埋まらず、削り込みのラインが見える形で焼きあがったので、ホッとしています。
 ブラウンの皿は、織部を筆で乗せていったのでムラができてしまい焦げたり、流れてしまって織部の緑が出ませんでした。
 透明も黄瀬戸も色合いが薄いので、全体的に同じ程度の薄さに見えるので、そこは結果オーライ?
 こちらは、日用品としての作品なので、気楽に使っていきます。
 長く使っていく中で、色合いも馴染んでいけば良いかな。







0 件のコメント:

コメントを投稿