2014年9月15日

2014年後半の気になる展覧会 ウフィツィ美術館展~山種美術館まで

気になる展覧会①
 浮世絵は何度かいろいろな展覧会で見ていますが、初刷りのような鮮やかな色合いでの浮世絵を鑑賞することができるようです。



 浮世絵は版画ですので、版が進むと色合いがくすむというかぼやけた感じになるので、初期の作品が見られるのなら魅力ですね。
ボストン美術館浮世絵名品展 北斎|上野の森美術館|2014年9月13日(土)〜 11月9日(日)
ボストン美術館展@上野の森美術館






気になる展覧会②
 陶芸やってる端くれとしては、陶磁器の名品が見られるようで興味があります。かなり!渋いと思いますが(笑
 渋さの中から、新しい閃きがくるときもあると思うんですね。
東京国立博物館 - 展示 日本美術(本館) 2014年日中韓国立博物館合同企画特別展「東アジアの華 陶磁名品展」
東アジアの華 陶磁名品展@東京国立博物館





気になる展覧会③
 ウフィツィ美術館には、昨年、現地に行くことができたのですが、収蔵品はさすがに素晴らしかったです。
 展示品は一部、記憶にあるものもあれば、まったく見た記憶になりものもあるので、保管品が鑑賞できるのかもしれません。
 名品であることには違いないので、十分に楽しめると思います。
ウフィツィ美術館展 黄金のルネサンス ボッティチェリからブロンヅィーノまで Arte a Firenze da Botticelli a Bronzino: verso una ‘maniera moderna’
ウフィツィ美術館展@東京都美術館





気になる展覧会④
確かに自分も初めてで、興味あるのですが、今回はオルセー美術館展を英霊鑑賞会にしてしまいました。
 個人的に行くかもしれません。
チューリヒ美術館展
チューリヒ美術館展@国立新美術館









気になる展覧会⑤
 かなり渋い!展覧会になると思います。
 サントリー美術館は日本の企画が多く、以前の平等院鳳凰堂に関する展示も触れる展示品があったりして、楽しめました・・・が、国立博物館での日本国宝展を定例鑑賞会で選択してしまいました。
 日本国宝展の方が多く、日本の渋い作品を鑑賞することができると思うんですが・・・渋めの展覧会を広めたいと思います(笑
サントリー美術館「高野山開創1200年記念 高野山の名宝」展 開催 会期:2014年10月11日(土)~12月7日(日) 2014.7.14 ニュースリリース サントリー
高野山の名宝展@サントリー美術館





気になる展覧会⑥
 山種美術館といえば、琳派!というくらい毎回、自分の好みにグッとくる展覧会をやってくれます。
 琳派のキラメキに惹かれる夜の虫のように、グッとくるのですが個人で行くか悩みますね(笑
 外国の作品にはない鮮やかな色使い、派手?な日本画が楽しめるのではないかと思います。
次回の展覧会「【特別展】 輝ける金と銀 ―琳派から加山又造まで―」 - 山種美術館
輝ける金と銀 琳派から加山又造まで@山種美術館





0 件のコメント:

コメントを投稿