2011年12月23日

冬山 大菩薩峠 登山

この寒い中、大菩薩峠へ登山へ行ってきました。
http://www.daibosatsukankokyoukai.net/


前から思ってたんですが、登山派って本当に物好きですよね・・・
朝、4時に起床して3時間も電車に揺られ、さらに7時間以上もかけて山を上り下り。
正直、辛いと思うんだけど、それでも山に行くんだからオカシイと思う(笑
そのオカシイ山人に片足を突っ込んでいる小坊主ですが、冬山登山は初めてです。
大菩薩峠は100名山の一つでもあり、初めて冬山を経験するには手ごろな山のようです。
一応、2000mありますから厳冬期には雪もガッツリ降るのでしょう。





で、登山口まできたのですが・・・入口から雪があるじゃないかー!
頂上付近にちょろっと雪があるくらいだと思ってたら・・・出発地点から雪があるんで、一瞬、帰ろうかと思った。
大菩薩峠もいろいろ登山ルートがあるんだけど、今回は大菩薩峠登山口バス停から登りました。
雪が少ないときであれば、ロッヂ長兵衛のあたりまでバスがあって、4時間もかからずに登山できるんですね。
が、今の時期はそこまでのバスが走ってないので、下からガッツリ登らねばなりません。
なので、登って降りてくるまで、7時間ほどかかるんですね。
で、雪がこんなにー!
キツクなったら、すぐに下山しよう!と誓ったものです(笑
とりあえず、ロッヂ長兵衛を超えて福ちゃん荘までたどり着いたところで、軽くご飯。
キノコ汁が!暖まるー。何だかんだで、ガッツリ早めの昼食をとりました。
福ちゃん荘は、「ほうとう」が有名らしく頂上へ出発する前に注文しておくと、下山の時間に合わせて用意しておいてくれるそうです。
というわけで、注文!
http://www.kcnet.ne.jp/~fukuchan/






大菩薩峠は、富士山との相性がいい山だと聞いてたけど、頂上付近まできて周りをさえぎる物がなくなったときにその意味をようく理解しました。
写真だと、小さく見えてしまうんですが、富士山が目の前に凛々しい姿を見せてくれます。
これがまた、雪景色と合うんですね!
辺りをおおう雪が、富士山の力強さと合わさって一枚絵のようになってます。
これを見るために、もう一度、登ってもいいかな。
最初は雪があってビビッタけど、12月であれば雪そのものは心配するほどの影響はなかったですね。
なんちゃって雪山だけど、これくらいで十分に雪山の雰囲気を味わえます。
雪山ってキレイでいいですね!
枝につもる雪も、風の影響かな?独特の付き方をしてて、白いだけの景色に彩を与えてくれます。
尾根のあたりは風がキツクて辛かったけど、福ちゃん荘に戻ったときの「ほうとう」は絶品でした。
このほうとうのおかげで、いろいろ報われたなぁ。
野菜が大きくて、すごく甘い・・・変なお菓子より、こういう甘さの方が体に染みて体力も回復しますよ
さて、次はどこか登るんだろうか・・・
今の時期、ここは面白いという1000m以下の山で良いところをご存知の方。
教えてください!
よろしくお願いします

0 件のコメント:

コメントを投稿