2010年6月28日

習作 カップ






前回から時間がかかったけど、カップが出来上がりました。
自作のカップでコーヒーを飲むことにしてから、数ヶ月w
時間かかりすぎですかね?
でも、今回はちゃんと取っ手もつけたので、熱くて持てないなんてことはない!完璧だ!
使った釉薬は・・・何だったか忘れた・・・瑠璃?ではないな・・アレ?
ま、いいや。
今度、聞いておきます。
さて、今回のポイントは「釉薬の流れ」です

1.中央の写真
中央の写真のように、釉薬が流れるタイプなので淵の方は、必ず緑がかったああいう色になります。
で、何がポイントかというと写真じゃ分かりにくいかもしれないけど、左から右に向かう感じで線が入ったようになってます。
これは、手びねりで上部分を締めながら作ったのが影響したようです。
自分が作るときの癖で、土を締めるときに手ロクロを左回しにしながら締めていくんですよね。
その締めた跡が出てるんですが、ここまでしっかり出るとは思ってなかったです。
素焼きの時には、目で見ても分からなかったし、手で触ってみると確かに少し線に沿ってふくらみがあるような感じがするけど、凸凹!っていうほどの段差が出てるわけじゃないです。
ヘラを使って出来るだけ、外面を綺麗にしたつもりだったので、こうハッキリと模様がが出てきたのにはビックリ。
ロクロだと、出ない模様です。
ロクロだと土を積んで均すって作業がないし、土を締めるってこともしないようなので、外面は手びねりと比べてはるかに綺麗に整うようです。
ロクロで作ったものに、同じ釉薬をかけたものを見ると釉薬が真下にザー!って流れて、キレイに流れ落ちてるのが分かる。
これが流れない釉薬だと、こんな模様は出来なかったはず。
結果として意図しない模様が出来たんだけど、結果的には面白い形になって良かった。
流れる釉薬ってのは、奥が深いなぁ。

2.右端の写真
釉薬が流れすぎた結果、下の高台の部分まで流れてしまいついでに下にくっ付いてしまった。
くっついた量が少なかったので剥がせたようだけど、ちょっと不恰好になってしまった。
ちょっと釉薬の量が多かったのかもしれません。
まだ、釉薬の量とかコントロールできんので困ったもんです・・・
3.右端の写真
これも釉薬がよく流れるため出来てしまったんじゃないかと・・・
手びねりで作ったので、外面にちょっとした凸凹が出来るのは仕方ない。
でも、流れない釉薬だとこういう薬の色の掛からない所は出来にくいのに、これも流れる釉薬のせいかちょっとした凸凹や埃などの影響も受けやすいようです。
こういう釉薬は、やっぱりロクロの方が良いのかも・・・でも、ロクロってやったことないんだなぁ
陶芸を始める人は、普通、ロクロがやってみたくて始める人が多いようですね。
しかし、小坊主は一度もロクロを触ったことがなく手びねり専門・・・
手びねりをある程度やったほうが、ロクロを始めても土の厚みを手の感触で分かりやすいから良いらしいけど、いずれはロクロで今は修行!なんて思いが小坊主にあるはずもなくw
いまいちロクロに興味が持てずに、手びねりかタタラを専らとするところです。
経験者の方、ロクロは楽しいですか?

4.中央の写真
せっかくなので、コーヒーを入れてみた。
色合い的にどうですか?
小坊主としては、コーヒーみたいな濃い色の液体を入れるには良い感じだと思ってます。
落ち着いた色合いで、良いなと。
ちなみに、コーヒーは本八幡で見つけたコーヒー屋で買ってみた、ブラジル産の豆でございます。
豆を挽いてもらってからしばらくしてもガスで袋が膨らんだりしなかったので、鮮度はそこまで良くなかったみたい。
若干、酸味があるけどそのうち慣れると思うんで、なくなるまでガバガバこのカップでコーヒーを飲みたいと思います。

ちなみに、陶器を使い始めるときは米のとぎ汁でコーティングしろとか言うけど、しないとどうなるか確かめたことないんで、今回はそんなことをせず直に使い始めてみましたw
実際に何か変化が起これば、報告します。
その前にコーヒーを入れてから、たまにカップから「パキッ!」って音がする・・・
コーヒーがなくなっても音がするときがある・・・これはなぜ?
そのうち、空気が漏れてるのかカップに亀裂が入っているのか・・・ちょっと怖いけど。
割れることでもあれば、報告しますw

0 件のコメント:

コメントを投稿