2009年6月9日

日本橋 高島屋 日本の美

日本橋に行ったついでに時間が出来たので、高島屋へ「日本の美と出会う-琳派・若冲・数寄の心-」へ行ってきました。



京都の平安神宮近くにある細見美術館の開館10周年記念の展示会でした。
行こうと思いつついってない細見美術館ですが、10周年なんですね。
もっと昔からある美術館と思ってたんですが、意外と最近出来た美術館だったんですね。
展示品は細見美術館が琳派の専門なので、琳派のものになるんですが、時代が江戸後期から大正・昭和初期が中心でした。
琳派というと、つい安土桃山時代とか想像してしまうので、江戸・大正時代は新たしかったです。
何かあれですね、色が落ちてないからキレイですね!
特に桜のピンクとか、とても鮮やかでした。
ピンクの似合う男としては、ピンクの使いっぷりに敏感に反応してしまいますw
若冲も少し展示されてましたが、よく大きな展覧会にあるような原色たっぷりの鶏のようなのはなく、もっと抑え目に描かれたものが多かったですね。
細見美術館も個人?の人が収集したものを展示してるようなので、重くない若冲で楽しめました。
最近、デッサンの本とか読んだのでアレですが、花鳥風月は平面的な感じもあるんですが鳥や人については、結構、立体感があるんだなということに気がつきました。
西洋がほど遠近法がしっかりしてるわけじゃないのに、立ち姿とか重心がしっかりしてて、若干、奥行きがあるように感じられます。
描き方の工夫というか、絵描きの技術が凄いんだなぁと思うようになりました。
正直、自分みたいに絵が描けない場合、幾何学模様に逃げちゃうんじゃないですかね。
そう考えると、デッサンって大事ですね。
立体感をキチンと捕らえるってのは、難しい・・・
煩悩はなくなりませんが、修行しますw

0 件のコメント:

コメントを投稿