2009年6月1日

阿修羅展

上野の阿修羅展に行ってきました。



当日は雨模様の中、大人気で国立博物館前に着いた時は、60分待ちと言われ帰ろうかな~と思ったけど、ここまで来たから行っとくかって事で行ってきました。
幸い30分程度で中に入れたので、良かった。
ついでにちょうど美術館内に入った途端に、外は大雨で美術館側も外で待ってる人を急遽中で並ばせるほど・・・
これも、自分の日ごろの行いが良いからに違いない!w
さて、展示の方は前にセミナーを受けていたので、仏像の背景が分かってこれまでより楽しんで鑑賞できました。
まず、本命の阿修羅像は展示室の真ん中に鎮座してまして、周りを沢山の人が囲んでました・・・
やっぱアレですか?仏像といえども、やはりイケメンはモテるんだろうか・・・
外に並んでいる人もそうですが、普段、仏像なんか見ないくせにイケメンだからって、すぐこれなんだから!とブツブツ呟きながら、一緒に周りを回ってきました。
でも、阿修羅像はやはりスリムでイケメンでしたw
何か泣きそうな顔に見えるんで、憤怒してるようには全然見えない・・・
阿修羅というと、いつも険しい顔を思い浮かべてるので、今回はずいぶん毛色が違うなという感じです。
奈良時代に造られて、興福寺も何度も燃えてるのに今日まで残ってるのは、大事にされてるなぁと思います。
目の前にあるんで、これが普通だと思ってしまうけど、奈良時代が700年代なので1000年ちょっと昔のモノですからね~。
乾漆造で軽いから、火事でも運び出しやすくて助かったんだろうけど・・・
今後も保護し続けてもらいたいです。
アフラマズダがインドへ行って、アスラになって中国で手や顔が増えたようですが・・・
何で手や顔が増えたんですかね。
先生に聞いとけば、良かった。
雨が酷かったので外に出ず通常展示も見てきましたが、国立博物館の通常展示は凄いですね~。
それぞれの部屋は小さいけど、良い物が一杯おいてあります。
ただ、広いのでだんだん辛くなってくるけどw
建物が結構渋いんですよ。
ちょっと天井が低い感じだけど、階段の造りや照明とか壁の感じとかちょっと無機質な感じがとても良いです。
ダンジョンみたいだw
カルティエ展もやってたのですが、31日までで知ってたら行ったのに残念・・・
阿修羅展と通常展示でお腹一杯で、とてもそんな余裕がなかった。
こう見えて、意外と光物も好きなのに
次は「日本の美術館 名品展」に行きたいと思います。
セミナー受けてからにしますが、良い物がたくさんあるらしいですよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿